どんなことを伝えればいいのか|合格を掴み取るために【志望動機は例文を参考にしていこう】

学校側に思いを伝えられる術を学んでいこう

どんなことを伝えればいいのか

教材を持つ人

過去を伝える

志望校としては、受験生のこれまでの経歴を知りたいと思うはずです。部活動やサークルなど熱中して打ち込んできたことがあれば、積極的に伝えていきましょう。

アピールポイント

過去の経験を通してどんなことを学んで習得してきたかを簡単にまとめておくことも重要です。例文としては「高校時代に◯◯部のキャプテンを務めて、リーダーシップをとることの難しさを学びましたが、コミュニケーションスキルが向上し自信がつきました。」など、具体的に語ることで、自分の人となりを伝えることも可能になります。

何を望んでいるか

学校に入った後には、どのような学習をしていきたいかの展望を伝えることも求められます。学校の授業内容に対してもリサーチをしておくことが必要となるでしょう。

卒業後について

卒業後に何がしたいのか明確なビジョンがある学生であれば、逆算して学生時代に何をすべきかがわかっています。意義のある学生生活を送る意志があることを伝えていきましょう。

使える志望動機の例文集ランキング

no.1

教育理念に共感

その学校の基軸となるポリシーについて賛同することは、受験する上では大前提となります。他にも、校風が合っている、教育方針が素晴らしいなど、さまざまな表現方法があります。

no.2

実績がある

資格などの合格率や就職率の高さを誇るような学校は、実績が豊富です。そうした進路実績に魅力を感じることは志望動機として当然のことだともいえます。

no.3

成長できる

将来の夢や自分自身の成長のために入学を希望するという意識を改めアピールしていきましょう。努力していく姿勢を見せることが重要です。