作文との違い|合格を掴み取るために【志望動機は例文を参考にしていこう】

求められているニーズを理解して対策をしていこう。

希望する学校によって求められることが違う

一般的な学校か、看護系や美術系などの専門的な学校かによって、求められる小論文の書き方は変わってきます。たとえば、看護系であれば、事実関係の正確性が重要視されます。また、それを的確に他者へ伝えることができるかどうかも大きなポイントになっているようです。看護という職業柄、そうした能力が大切になってくるため、小論文試験でもチェックされているのです。

作文との違い

作文用紙

なぜ必要になるのか

受験で小論文が必要になるのは、きちんとした意味があります。受験する学校の特徴によってもチェックポイントは異なりますので、事前にリサーチをして準備することが大切です。

作文ではない

小論文は、作文ではありません。論文として機能している文章でなければいけないのです。しかし、だからといって難しく考える必要はありません。問題を提起して、証明や考察をしていき、結論を述べる三部構成にしていけばよいでしょう。

問題に答える

テーマを与えられ自由に書いてよい出題もありますが、問題によってはさまざまなケースがあります。例えば課題文を要約する小論文や、資料を読み取る小論文などです。必ず出題の意図に沿った内容の小論文を書くことが基本となります。

正しく記入

いくら中身が良い文章でも記入方法にミスやモレがあった場合は、残念ながら減点となります。そうした基本的なところで失敗することは、非常にもったいないことだといえるため、細心の注意を払って試験に臨みましょう。

誤字脱字

論理的な思考能力があるかをチェックされるのは当然ですが、日本語の使い方においても厳しく見られるはずです。誤字脱字がないか、誤った日本語の使い方をしていないか、入念に最終確認を行なってから提出することが肝心です。