苦手意識をなくそう|合格を掴み取るために【志望動機は例文を参考にしていこう】

形式を知っておけばスムーズに書けるようになります。

苦手意識をなくそう

婦人

書き方を覚える

小論文試験では、テーマが出題されてそれについて論じることが一般的です。そのため、まずはテーマの解釈を説明していくことから始めていく構成にすると書きやすいです。

問題提起

テーマを解釈したところで、起こりうる問題点を提起していきましょう。なぜ問題なのかを浮き彫りにしてわかりやすく伝えていきます。

解決方法

問題提起をしたら、その問題を解決するための案を講じていきます。一般論でもいいですが、少しユニークでオリジナルな意見を加えると、個性を発揮することができるはずです。

小論文の勉強に役立ったのは?

no.1

新聞を読む

新聞のコラムを毎日読み込むことで、小論文の基本を身につけることができるようになります。新聞記者や評論家、学者、作家などのコラムは、文章のプロが書いているので参考になるのです。

no.2

コツコツ書く

普段から書く習慣をつけることが重要です。最近ではスマートフォンで文字を入力するのがメインとなっている人が大多数ですが、毎日ペンを握って実際に文章を書くことで書くスピードも上がりますし、試験に役立てることができます。

no.3

添削してもらう

学校や塾の先生に指導してもらうことで、わかりやすい文章を書く力がどんどんついてくるでしょう。客観的な意見を聞いて素直に修正してくことが大切です。

no.4

例文を読み込む

問題集の例文や、合格者の小論文などをたくさん読み込むことで、理想的な小論文の形を身体で覚えることが可能になります。上手な例文から参考になる箇所を吸収していきましょう。

no.5

ニュースを見る

小論文のテーマは、多岐に渡ります。日頃からどんなことが社会で起きているのかを積極的に知っておくことで、あらゆるテーマに対応できるようになるといえます。